[Blog]旅。タイミングに生かされている。

10月が始まってからの4日間ヒッチハイク旅。

大学時代を過ごした福岡県で会いたい人に連絡を取り、

結果ほとんどの方々とお会いすることができました。

きっかけをくれた久保井くん、ありがとう。

2017_1004_19281900.jpg

(帰宅直後に生まれた、姉の第三子。)

*

福岡へ行くことを決めたのは、9月29日。

正直、何をするかも決めていませんでした。

遊びに来た久保井くんが福岡へ帰るついで。

なんとなく、福岡へ呼ばれているのかなーくらいに

とりあえず、会いたい人へ連絡をとっていく作業。

 

そんな急なお願いにも関わらずお会いできた
固い握手をしてまた会いたかった熱いミッチーさん。

2回目のヒッチハイクで乗せてくれたゆうたさん。

始めてのヒッチハイクで乗せてくれたわたるさん。

大学の後輩ながら本気で突っ走っているあっきー。

ことだま鑑定で名前を好きにしてくれたひろみん。

この2月に10年間お付き合いして別れたつるたさん。

大学時代に大変お世話になった梶原先生、上原先生。

ボランティア団体設立を始めお世話になった高木さん。

 

そして、ヒッチハイクで快く乗せてくれた

なんべさん、よーいちさん、こがさん、まきさん、

いのうえさん、まつださん、くろかわさん、いわながさん

ふくださん、なかむらさん。
そして、帰宅した12時間後に生まれた姉の第三子。

 

決して自分の「会いたい」だけでは会えない人たち。

突然の連絡でも快諾してくれるみなさんの優しさと

それが可能なるタイミングに、生かされました。

***

今回は本当に不思議な流れ。

 

まず福岡に行った翌日の9月30日。

連絡をとって会える確定だったミッチーさん。

他の人はほぼ「会えない」予定になっていた。

会えるかなんて、あとはタイミング。

帰る予定は10月2日に決めて、あとはゆったり。

そう思っていたら徐々に連絡が返ってくる。

 

ゆうたさんが宮地嶽神社に朔日参りをすることを聞き、

無理を承知で当日同行をお願いすると快諾してもらい。

わたるさんからは天神近くでフェスがあることを聞き、

ぜひご一緒したいと連絡してこれまた快諾をもらい。

2ヶ月前に連絡していた福岡の元彼女から、

なぜか福岡にいるタイミングで連絡が来て。

翌日はアッキーが午前中時間があると連絡を受けて

シャワーまで貸してもらえるありがたいことに。

一つずつ時間が決まってどれも被らない。

ただ、大学の先生は予定が会わなかった。

これも仕方ないこと。

そして、一つずつお会いしていきました。

***

10月1日。
朔日参りにゆうたさんと。

2017_1001_00064300.jpg

深夜をファミレスで過ごし、記事を執筆。

[Blog]忠、孝、崇祖、敬神の念しばらくも忘るべからず

 

朝イチであっきーに会い、シャワーを借りる。

昼過ぎまで、熱い想いやテーマを語り合う。

そして天神まで乗せて行ってもらうことに。

DSC_2151.JPG

(真面目に不真面目、さすがあっきー!)

 

昼からは舞鶴公園の音楽フェスを堪能。

わたるさんとも再会することができて

改めて初ヒッチハイクのお礼を伝える。

DSC_2153.JPG

夜まで音楽と共に時間を過ごす。

 

夜は島根で出会ったひろみんと食事。

同い年のいろんな葛藤を話した。

人に対して感じることが似ている。

気付きを得る良い時間になった。

おでんラーメンが最高だった。

そして、ネットカフェへ向かって

1日ぶりの個室で泥のように眠る。

*

10月2日。

帰る予定が、豪雨と暴風。

DSC_2161.JPG

小雨の間ヒッチハイクを頑張ってみるも、

1台も止まってもらえず断念することに。

 

小倉で元彼女と待ち合わせるため、

今回は以前買った高速バスで移動。
うたた寝をしつつ、

何が伝えたいか考えつつ。

気が付けば夜になっていて。

2月以来の再会をしました。

そして自分勝手なことばかり、

半年間の葛藤を全て伝えました。

 

今の自分は、自分で精一杯だということ。

誰かを守れるほど、強くはなかったこと。

必死で見栄を張って、まわりが見えなかったこと。

伝えていること全て、「自己満足」だということ。

聞いてくれるあなたは、素敵な女性だということ。

まったく、ひどい男。それでも。

全て受け止めてくれる彼女は、

やっぱり素敵な女性だと感じました。

 

ずるしたヒッチハイクを巻き戻すために

元彼女と電車で一緒に博多まで移動して、

最終的にお宅にお邪魔してシャワーもお借りしました。

ソファーをお借りして仮眠もとらせていただきました。

もちろんそれ以上のことはなにも起こりませんでした。

(起こしそうになる邪な気持ちも伝えたら大丈夫でした)

10月3日は奇しくも、元彼女の誕生日。

朝「良い人生にしようね」と伝えて別れました。

全て自分の自己満足。非難されてしかるべき男。

それなのに、最後まで優しかった。
10年間俺を育ててくれた、素晴らしい女性。

つるたさん本当にありがとうございました。

***
10月3日。
そこから、帰路に経ちました。

DSC_2163.JPG

大学の先生が予定に空きがあると聞き、北九州へ。

乗せてくれたのはこがさんとまきさん。

ヒッチハイク=危ない人だと思っていたのに

乗せてくれたこがさん。素敵な奥さまでした。

(理由は、目的地とおなじ「古賀」だったから)
そして、

休みだからと大学まで乗せてくれたまきさん。

道中いろんな話をしたなかで、まきさんから

「それはずっと逃げているんじゃないですか」

という言葉を貰いました。
本当に、その通り。

6月まで自分はずっと逃げていました。

それは自分が嫌いで仕方なかったから。

理由を作ってまわりを拒絶し続けては、

いろんな人を傷つけたと思っています。

それを経験して葛藤して今があります。

真っ直ぐ言葉をくれたまきさんに、

気付きをもらいました。ありがとう。

DSC_2165.JPG

*

そして大学では2人の先生に会いました。

在学中はこんな話をするなんて思わなかった。

自分の中の葛藤や今の状況を伝えると、

その生きざまを肯定して応援してくださる。

 

厳しいはずの梶原先生が、

「しんどい生き方だね。頑張れ」とエールを。

いつも優しい上原先生が

「そんな悩みを持っていたんだね」と気付きを。

高木さんとは新しい事業の話をしたり、

大学時代の思い出話に花が咲きながら。

あっという間に夕方を迎えて別れました。

*

そこからは、またヒッチハイク。

DSC_2166.JPG

初めて高速に乗らず歩いた関門海峡や

国道2号線の山奥で途方にくれた3時間や。

わざわざ高速道路に乗ってくれた優しさや、

長距離トラック歴2ヶ月で一度断られたのに

気にかけて乗せてくれた優しさや。。。

心が折れそうになると、誰かが助けてくれる。

本当に、タイミングに生かされていました。

***

10月4日

朝5時、なかむらさんのトラックで福山SAへ。

人生に悩みながらも、真っ直ぐ進む彼の話は

気持ちよかったです。また会いましょう。

DSC_2172.JPG

思い立ってSAから10kmを歩いて帰りました。

途中眠すぎたので土手で30分くらい寝ました。

 

やっと8時に家に帰りついて泥のように眠り、

電話の音で目が覚めたのは夕方6時。

姉の第三子が生まれそうと聞いてすぐ移動。

着いた頃には生まれていました。

 

初めて、新生児を見ました。

2017_1004_19293500.jpg

不思議な力を感じました。

***

あっという間に過ぎていった4日間。

一つひとつが繋がり流れていった。

とても気持ちが良い日々でした。

 

悩むことが多くできることも少ない。

それでもこうして生きられるのは、

たくさんの人の助けがあるから。

今回お会いした皆さんも、

本当にありがとうございました。

この気付きが作品に繋がるように。

10月も引き続き頑張っていこうと思います。

それでは、また。

***

Latest Music