[Blog]自己嫌悪と自己肯定の一ヶ月。[2/4]

どうも、Mitsuhikoです。

特にしんどくて心が折れかけていた

この1ヶ月間について書いています。

前回の投稿は

1. 自己嫌悪感の塊、自己肯定感の欠如

いろんな感情を正直に書き綴るため、

気分を害される方がいるかもしれません。

そのときは、ページバックしてください。

それか、この動画をみて元気だしてください。

リンク:岡崎体育『感情のピクセル』

引き続き、お付き合いください。

***

目次:

1. 自己嫌悪感の塊、自己肯定感の欠如

2. 自己分析を吐くほど続ける

3. 自分の弱さを開示すること

4. とりあえず、甘えてみた。 面白いことが、生まれ始めた 

***

2. 自己分析を吐くほど続ける

「いつも陥る自己嫌悪思考」に気づいたのは、

車で島根県浜田市を何となく運転している時。

何かしないといけないと思い付いたのが

「とにかくノートに書き出そう」作戦。

しかし、車の中にはノートなんてない。

最寄りのコンビニに立ち寄り一冊購入。

ここで普通の人は喫茶店とか行くでしょ?

違います。向かったのは「夕日パーク浜田」

絶好の作業スペース。夕日が素敵な道の駅。

無料のお茶を片手にただ延々と書き続ける。

自分の大切な人への感情から何が辛いのか。

真っ先に書き始めたのは自分の性欲関連。

例えば身体を求めたいという性的欲求や、

彼女の身体を大切にしたいという優しさ。

自分が理性を外したときに起こる衝動。

仮に妊娠したときに起こり得るリスク。

男は出したら終わり。性欲への嫌悪感。

自分の中の両極端。アクセルとブレーキ。

昼過ぎから、夕陽の時刻を越えて、夜まで。

ただただ、延々とノートに書き続けました。

この作業は本当に辛い。自己嫌悪ばっかり。

隣に居るだけで幸せだとなぜ言えないのか。

生きているだけで幸せな人生を喜べないのか。

そして気付いたひとつのこと。

「相手に嫌われて傷付くのが怖い」

自分の奥底にこの感情がいました。

*

何故怖いのか。自分の中に何があるのか。

それをまた延々と書き続ける日々が続く。

人と会う約束が間に入ると気持ちが軽い。

人と会っている間は、自分を肯定できる。

これも後から気付いたこと、その理由は

「相手から嫌われない自分」を演じるから。

自分の内側を見ずに外側を繕えばよかった。

だからこそ、自分の内側と向き合うのは辛い。

誰も守ってくれないし誰のせいにもできない。

ただただ、記憶から出来事を書き続けていく。

幼稚園、小学生、中学生、高校生。

身体が弱かったこと、病院ばかりの幼少期。

優しいことも嫌なこともあった家族の思い出。

特定疾患を患い人生を諦め絶望した高校時代。

死や身体、気持ちと向き合い直した大学時代。

そして、自分の人生を歩むと決めた会社生活。

思い付くことを毎日何時間も書き続けた。

自分がわからないから人に会うのも怖い。

音楽の相方が住むシェアハウスに帰るのも

怖くなって車中泊を連日のように続けた。

朝5時には日のでと共に目が覚めて、散歩。

7時頃モーニングセットをファミレスで頼む。

延々と書く。そして自己啓発系の本を読む。

また延々と書く。ランチセットを頼む。

延々と書く。頭が少しぼーっとし始める。

この間、気分転換は歌詞を覚えること。

[Ed Sheeran「You Need Me, I Don’t Need You」]

(何回見たかわからん。ブチかっこいい)

16時くらいに、やっと一度外に出る。

気分転換に温泉には入って夕食を食べる。

22時頃人気の少ないコンビニで車中泊。

場所が少し変わったりマックになったり。

洗濯物が溜まってきたら家に帰って洗濯。

大体2日くらい寝込む。そして、また外へ。

かなり無茶をした。それくらい苦しかった。

こんな生活を2週間続けた頃に身体が限界へ。

*

元から悪かった全身の肌の状態が悪化して、

肘と膝の裏側に血がにじみ布団には落屑が。

そして、いよいよ傷が深くなってくると

痛みに耐えられない状態に陥った。

具体的には、痒みで皮膚を掻いた傷がひどい。

擦りむいた怪我を10分間触り続けられる感覚。

ある程度慣れて我慢したが流石に病院へ行く。

すると「ひどいね。2週間くらい入院する?」

流石に入院はできないので、塗り薬の処方。

まぁ3年前に同じ状況だったため慣れたもの。

ステロイド軟膏ですぐに全身落ち着いた。

そして肌が落ち着いたくらいで夢をみた。

*

目の前には幼馴染みと母親がいて声をかける。

産まれたときから知っている大切な幼馴染みが

何度声をかけても自分に一言も返事をくれない。

目が虚ろで、よく分からない言葉を話している。

幼馴染みの母親と一緒に何かを話している。

「助けないと。怖い。何だこれ。どうする。動け動け動け」

そこで目が覚めた。

本能的に自分の状況が危険だと思った。

とにかく、一人でいる今の状態は危ない。

今日は頑張って誰かに会わないといけない。

幸い当日はイベントでカメラマンの予定。

すぐに出掛けて、人の和の中で安定した。

ここは、タイミングに活かされた。

「親と子の関係をみる」という会は、

優しさに溢れた温かい人の和があった。

そこで新しい出会い、新しい気付きを得た。

そして、次のステップへ向かうことになった。

あの会で出会ったみなさん、

本当にありがとうございました。

Next→:3. 自分の弱さを開示すること

それでは、また。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中